紫外線

夏は日差しが強いので、紫外線の影響で皮膚のたるみや、
シミに悩まされたくないなら、日焼け止めクリームを塗ったり、
帽子やサングラスをしてから外出しなければなりません。

もしたるみやシミが出来たときは、美容皮膚科でたるみ治療や
美白治療を受けるようにしてください。

紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分かれていますが、
地上に降り注ぎ、肌に影響を与えるのはUV-AとUV-Bになります。

UV-Aは波長が長くて、エネルギーが弱いため、浴びすぎても
ひどい日焼けになることはないですが、メラニンが増加し、
肌の色を黒くしてしまいます。

表皮層の奥にある真皮層にまで到達して、活性酸素を発生させるので、
肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンなどがうまく機能しなくなり、
たるみやしわなどが出来やすくなるのです。

しんみり

UV-Bは、浴びすぎると、ひどい日焼けを起こすだけでなく、
メラニン色素を作り出すチロシナーゼ酵素を活性化し、
メラニン色素の生成を促します。

笑う

通常はターンオーバーで排出されますが、メラニンが過剰に
生成されると、そのまま色素が残るので、シミとなってしまうのです。

たるみ治療は、美容皮膚科で受けられるので、紫外線が原因で
肌の老化に悩まされている方は、診察を受けるようにしてください。

美容皮膚科ではたるみ治療だけでなく、シミを薄くするための
美白治療も行っているので、何回か通えば、健康的で若々しい肌に近づけます。

美容皮膚科でたるみ治療や美白治療を受けたいときはまず、
カウンセリングから始めましょう。

 

配合成分  メイク  飲み薬  保険適用  紫外線